大阪での相続対策なら税理士まで

相続のときによくある悩みの1つが、税金への対応です。
本当に相続が起きたときに問題が起きて困らないよう、あらかじめ対策をしておきたいですよね。
これをしたいときも大阪の税理士まで相談するといいですよ。

税理士が教えてくれる相続対策とは、多くの税金がかかったりせず、なるべくスムーズに遺産を引き継げる方法についてです。
何も対策をしていないと税金がかかるときでも、これら対策をしておけば、無課税で乗り切れることもありますよ。

基本的な相続対策は、生きている間に資産を親族に渡すことですね。
相続で税金などがかかるのは、多額の遺産があったときです。
たとえ相続が起きても、遺産がまったくないか、もしくはそれに近いくらいの少額な遺産相続になった場合、まったく税金がかからないことは多いです。
相続が今起きたら税金がかかるとしても、それを少しずつ減らしていけば問題もなくなるんですね。
このような基本的な相続対策など、大阪の税理士まで相談すれば詳しく教えてもらえます。

このほか、相談者のケースで使えるいい対策を個別に教えてくれることも多いです。
たとえば現金資産が1億円以上あるなど、親族に譲り渡すにしても資産が多すぎるときは、それを賃貸用の不動産に変えておくテクニックなども有名です。
相続税を計算するとき、その遺産が現金以外のものだったら、現金に直していくらなのかといった評価額で税金を計算するのですが、特定の不動産はその価値を下げられる特例があります。
それがあるのが賃貸用の不動産で、本当の価値から3割ほどを減額できるんです。
つまり本当は1億円の価値がある賃貸用の不動産だったとしても、相続税を計算するときは、7000万円の不動産として計算できるんです。
このおかげで相続税が少し安くなりますよ。

このほか、故人の配偶者には、相続税がかかりにくい特例があります。
これを使えば、少なくとも配偶者にかかる税額は完全にカットできることが多いです。
しかしこれを使うには故人との間に正式な婚姻関係が必要ですから、内縁の配偶者といった状態なら、籍を入れておくようにアドバイスもしてもらえますね。
このように相談者のケースに合わせて使える対策も教えてもらえます。