相続関連の節税を大阪で相談するには

相続には税金が付き物ですから、なるべくこれを抑えたいと思うでしょう。
特に相続税はやや税率の高い税金で、高額な資産を持っているほど、具体的な税額も高くなります。
少しでも節税したいなら、大阪では誰に相談すればいいでしょうか?
答えは税理士です。

大阪には相続専門の税理士も多くいますが、これらの方は節税相談も受けていることが多いですよ。
相続税を節約する具体的な方法をたくさん教えてくれます。

たとえばどんな方法があるかというと、生前贈与が基本ですね。
相続税は遺産にかかる税金ですから、生きている間に財産を相続人たちへ渡しておけばいいですよね。
遺産がほとんどないなら、それにかかる税金も安くなります。
相続税を節税する基本です。

これなら大阪の税理士まで相談しなくてもいいと思えそうですが、そうではありません。
生前贈与にも気を付けたいことがあります。
そのような相続の税金を節税するための贈与を防ぐため、贈与税という税金があるからです。
これに引っかかると、相続税よりもむしろ高くつく場合もあります。
イメージ通りに、相続にかかる税金を節税しようと思うなら、相続税にも贈与税にも引っかからないように生前贈与を進めないといけません。
これは意外と難しく、一般の方が自力でやると、どちらかには引っかかることが多いですね。
ですから、大阪の税理士まで相談するのがオススメです。

相続を専門とする税理士なら、相続税に詳しいのはもちろん、贈与税にも詳しい方が多いです。
両方ともを知っておかないと、結局相続税の節税ができないからですね。
相続税にも贈与税にも詳しい大阪の税理士に聞けば、両方の税金に引っかからないような生前贈与ができます。
どのような方法かといえば、たとえば年間100万円程度の贈与を毎年繰り返したり、贈与にあたってその証明書をきちんと作っておくといった方法です。
このような専門家の指導で生前贈与を進めていけば、ほとんど税金がかからないまま遺産を減らせて、大きな節税になります。