法人・起業に強い税理士 名古屋編

会社設立 税理士01

これから名古屋で会社設立を考えている人もいると思いますが、会社設立するなら頭に入れておかなければならないことがたくさんあります。
まずは会社設立するための手続きで、これは会社形態をどうするか?というところからスタートしますが、現在日本には株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つの選択肢があります。

ただ実質株式会社と合同会社の2択となっているのが現状で、日本ではほとんどの企業が株式会社ですから、初めて会社設立するならよっぽどの理由がない限り株式会社を選択するのが一般的です。
次に株式会社を設立するための手順を知っておく必要がありますが、これは定款の作成・認証をひとつの区切りとして考えると分かりやすいです。

定款とは会社名・会社の所在地・事業内容や機関設計、資本金などを記載した会社そのものの仕組みや決まり事を記す書類で、これを公証役場で認証してもわなければなりません。
作成には40.000円の印紙代と50,000円の認証手数料がかかりますが、最近では電子定款がスタンダードになっており、これを利用すると印紙代の40,000円がかかりません。

定款の認証ができたら資本金の払い込みを行い、法務局で登記申請をしますが、そのためにはいくつかの必要書類を揃えなければなりませんので、何が必要になるのかしっかり把握しておきましょう。
登記申請が無事終わったらいよいよ法人として認められたことになるので、営業スタートに向けた準備をしていきますが、法人になると税金に関する問題もより多くなりますので税理士と顧問契約することをおすすめします。

企業の顧問をしている税理士は法人税や消費税、所得税についてしっかり管理・アドバイスしてくれますし、会社の維持費についても相談に乗ってくれますからいろいろな面で心強いと思います。
最近では中小企業診断士や社労士、行政書士の資格を持った税理士も増えているため、そういった人たちに依頼すると会社設立手続きの段階から力になってもらえますからおすすめです。

法人・起業に強い税理士を探すなら、まずはインターネットを利用してホームページをチェックし、近くにそういった税理士がいないか情報収集してみるといいでしょう。
無料相談をしている税理士もたくさんいますので、メールや電話でコミュニケーションを取ってみて、感触が良ければ実際に会計事務所へ足を運んで顧問契約に関する話を進めてみるといいでしょう。